• フリーランスは気持ちの切り替えが大切

    • フリーランスはサラリーマンと違って、働く時間というのが決まっていません。

      そのため、いつ働いていつ休むかというのも自由なのですが、その一方でプライゲートと仕事の境目がはっきりしなくなってしまうということもあります。


      サラリーマンであれば会社を離れればひとまず仕事から解放をされますが、フリーランスだと決まった時間働くということがない代わりに24時間いつでも仕事のことを考えさせられるということもありますから、気持ちの切り替えができなければ息が詰まってしまうことになります。



      好きな時に仕事をすることができるというのがフリーランスの利点なのですが、気持ちの切り替えが上手くできなければ24時間いつでも仕事をしなければならないというように考えてしまうことになりますから、メリハリを付けることは重要なことになります。
      メリハリを付けることができなければ、フリーランスという働き方が悪い方に働いてしまうことになるので何のために独立をしたのかわからなくなってしまいます。

      そのようなことにならないためにも仕事と私生活のオンオフをしっかりと切り替えることができるようになることが、フリーランスとして生計を立てていく上では大切なことになります。



      働くことを強制されない代わりに休むことも強制をされないので、上手く自己管理をしていく必要があるため仕事をするときは集中して仕事をして、休むときには仕事のことを忘れて休むようにしましょう。



  • 詳しく知りたいなら

  • 意外な真実

    • フリーランスでも入れる小規模共済

      「フリーランス」というと、何か新しい事業者のようなイメージになりますが、会社を設立していない限り、税法上は自由業は自営業と同じで、青色申告になります。保険は国民健康保険、年金は国民年金になります。...

  • 予備知識・ためになる科学