• フリーランスの方の活躍が際立つ時代

    最近はどんどんとフリーランスの方が活躍するようになっています。
    何しろフリーランスとなると、雇用という束縛がなくなり、自分のやりたいことが出来るという大きなものを得ることが出来るからです。
    雇われるということは一見素晴らしいことにも思われますが、そのために、かなりのことを制限されることになります。

    自分の力を出すというよりは、組織の歯車となることが多いのが、このタイプの働き方ということになるでしょう。



    組織の中ではなかなか個を発揮するというのは難しくなります。


    個を発揮すると和がとれなくなるからです。

    組織を束ねる人にとっては、この和が最も大切なこととなりますから、個は要らないということになります。

    そこで、個を考える人はどんどんとフリーランスという働き方を選ぶようになってきたと考えられます。

    何しろ自分で自分のやりたいことをやれるので、簡単で明快なところがこの働き方のメリットです。

    報酬もフリーとなった方が多いのが通例です。何故なら上役に泡前を撥ねられないからです。


    雇用されるということは、上役に上前を撥ねられることを覚悟する必要があります。



    成果主義という建前がありますが、完全な成果主義では上司は一円の報酬をとることも出来ません。

    今の成果主義では成果を出さない経営陣が最も多くの報酬をとるわけですから、これでは成果が出せる人は納得できるはずはないでしょう。
    ですから、フリーランスとなって活躍をする人が増えているというわけです。